• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

管理画面/ディスカッション設定

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

設定 → ディスカッション

ディスカッション設定画面管理画面 > 設定画面の中にあり、コメント(ディスカッションとも言います)に関する設定を行ないます。コメントを許可するかどうか、トラックバックピンバックを受け付けるか、コメントスパムとして扱う条件などを管理者として決められます。また、(コメントが投稿されたときなど)何が起きたときに電子メールで自分へ通知するか、という設定もこの画面で行ないます。


ディスカッション設定画面(日本語版)

管理画面に戻る。

ディスカッション設定

投稿の初期設定

この設定よりも個々の投稿の設定のほうが優先します。

投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる(投稿に時間がかかります)
(Attempt to notify any blogs linked to from the article (slows down posting.))
この設定を有効にした場合、WordPress は記事内に存在する全てのリンク先に対して自動的に ping(ピン)を送信します(これを「ピンバック」機能といいます。リンク先がピンバックを許可していれば、リンク先のサイトや記事に対する貴方の記述(言及)が先方のコメント欄に表示されます。この通知は、記事を公開する過程で実行されます。公開前にリンク先全てに対して WordPress がコンタクトを取ろうとするため、たくさんのリンクが記事内に存在する場合、投稿処理に時間がかかることになります。
他のブログからのリンク通知を許可する(ピンバックとトラックバック)
(Allow link notifications from other blogs (pingbacks and trackbacks.))
あなたのサイトや記事に言及している他のサイト(ブログ)からのピン(ピンバックおよびトラックバック)を許可するには、このボックスにチェックマークを付けます。ピンバックトラックバックが届くと、その投稿のコメント欄に表示されます。
コメントの投稿を許可する
(Allow people to post comments on the article)
全ての記事に対してコメントの投稿を許可するには、このボックスにチェックマークを付けます。ただし、記事毎の設定の方が優先されることは忘れないでください。また、コメントは各投稿の PRIVATE によっても制御され、コメントする前にパスワードを求めます。
コメントを投稿されたくない場合、または、コメント機能が不要な場合、チェックマークを外してください。

その他のコメント設定

名前とメールアドレスの入力を必須にする
(Comment author must fill out name and e-mail)
スパマーの手をより煩わせるにはこのボックスにチェックマークを付けます。実際のところ、投稿前に名前やメールアドレスが正しいかは確認出来ません。多くの本当のコメント投稿者は名前とメールアドレスを書いてくれるでしょう。
と、原文には記載されていましたが、現在のスパムはいい加減な名前とメールアドレス(hotmailが多い?)を記載してくるので、この項目はもうスパマーの邪魔にはならないのかもしれません。
ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする
(Users must be registered and logged in to comment)
ここにチェックマークを付けると、自分のサイトの「登録ユーザのみ」コメントできます。
[X]日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる
(Automatically close comments on articles older than [X] days)
このボックスにチェックマークを付けて経過日数(例えば「14」日)を入力すると、公開日からその日数を経過した投稿について、自動的にコメントの受け付けを停止します。
コメントを [X]階層までのスレッド (入れ子) 形式にする
(Enable threaded (nested) comments [X] levels deep)
スレッド式コメントにするにはこのボックスにチェックマークを付け、入れ子にする階層の深さ(1~10)をドロップダウンメニューから選びます。スレッド式で表示するには、テーマがスレッド式表示に対応している必要があります。一般に配布されているテーマをお使いの場合は配布元を、自作している場合は対応方法をご確認ください。
1 ページ当たり [X]個のコメント(トップレベルのコメント数)で複数ページに分割し、[最後/最初]のページをデフォルトで表示する
(Break comments into pages with [X] top level comments per page and the [last/first] page displayed by default)
このボックスにチェックマークを付けて 1ページ当たりのコメント数を入力すると、指定したコメント数で改ページします。チェックを外すと、1ページに全コメントを表示します。さらに次項と組み合わせて表示順を指定します。
  • last -- 最後のページから表示(初期値)。次項で older を選ぶと、最も古いコメントから表示されることになります。
  • first -- 最初のページから表示。
[古い/新しい]コメントを各ページのトップに表示する
(Comments should be displayed with the [older/newer] comments at the top of each page)
各ページでのコメント表示順を選びます。
  • older -- 古いコメントから表示(初期値)
  • newer -- 新しいコメントから表示

自分宛てにメール通知するとき

この2つの設定は、記事に対してコメントが投稿されたときに、自分(または著者)宛てにメールが届くようにできます。

コメントが投稿されたとき
(Anyone posts a comment)
コメントが投稿される度にその投稿の著者宛てにメールを送信するには、このボックスにチェックマークを付けます。コメントがたくさん投稿された場合、あなた(または著者)のメールボックスが一杯になることにご注意を。コメントを逐一管理したいのであればチェックしてください。
承認のためにコメントが保留されたとき
(A comment is held for moderation)
コメントが承認待ちとなったときに通知を受け取るには、このボックスにチェックマークを付けます。このメール通知は、管理パネル > 設定 > 一般設定画面に記入したメールアドレスへ送られます。この設定は、サイトに複数の著者がいて、各著者にコメント許可/拒否の権限を与えている場合に有用です。この通知により、コメントを許可するか否かを、サイトの所有者として見直せるようになります。

コメントを表示する前に

ここでは、受信したコメントを自動的にサイトに表示する条件を設定できます。

管理者の承認を常に必要とする
(An administrator must always approve the comment)
コメントがスパムであるかどうかに関わらず、コメントを承認する権限を持つユーザまたは所有者による承認を必須とするには、このボックスにチェックマークを付けます。全てのコメントが一旦モデレーション待ちとなり、承認を受けるまでサイトに表示されません。
スパムに関する設定は下記コメントモデレーションをご覧ください。
すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする
(Comment author must have a previously approved comment)
コメント投稿者のメールアドレスが過去に承認済みのコメントのアドレスと一致する場合にのみコメントを自動承認し、そうでないコメントはモデレーション待ちとします。
ブラックリスト(下記「Local Spam Words」テキストボックス)に登録されているメールアドレスからのコメントは、このフィルタの通過と関係なくモデレーション待ちとなります。

コメントモデレーション

コメントモデレーションでは、コメントスパム対策ができます。あなたのサイトにやってくるコメントスパムの特徴を入力しておくことにより、それに該当するコメントを自動的に「モデレーション待ち」とし、サイトへの表示を一旦保留します。

モデレーション待ちとなったコメントの内容は、ダッシュボードコメント管理画面/enで確認できます。正規コメントであるかスパムであるかをご自身で判定してください。

[X]個以上のリンクを含んでいる場合は承認待ちにする(コメントスパムに共通する特徴のひとつに多数のハイパーリンクがある)
(Hold a comment in the queue if it contains [X] or more links (A common characteristic of comment spam is a large number of hyperlinks.))
この欄で指定した数以上の URL を含むコメントを、自動的にモデレーション待ちとします。
以前から、コメントスパムの文中にはよく5~10以上のハイパーリンクが含まれていました。これによりブロガーが簡単にスパムを見分けられるようになりましたが、スパマーもそれに気づいて1~2個しか使わなくなってきています。この設定は、昔ながらの典型的な多リンクスパムを弾くのに効果があります。
コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP に以下の単語のうちいずれかでも含んでいる場合、そのコメントは承認待ちになります。各単語や IP は改行で区切ってください。単語内に含まれる語句にもマッチします。例: "press" は "WordPress" にマッチします。
[ テキストボックス ]
(When a comment contains any of these words in its content, name, URL, e-mail, or IP, it will be held in the moderation queue. One word or IP per line. It will match inside words, so "press" will match "WordPress")
このテキストボックスには、コメントが投稿されたときにフィルターにかけたいスパムワードを登録できます。ここに登録されている語句を一つでも含むコメントは、自動的に「モデレーション待ち」となります。スパムワード(スパムでよく使われる語句の一覧)を参考に、自分のリストに追加するものを検討するとよいでしょう。
スパムと即断してよい条件があれば、次のコメントブラックリストに登録してください。

コメントブラックリスト

コメントの内容、名前、URL、メールアドレス、IP に以下の単語のうちいずれかでも含んでいる場合、そのコメントはスパムとしてマークされます。各単語や IP は改行で区切ってください。単語内に含まれる語句にもマッチします。例: "press" は "WordPress" にマッチします。
[ テキストボックス ]
(When a comment contains any of these words in its content, name, URL, e-mail, or IP, it will be marked as spam. One word or IP per line. It will match inside words, so "press" will match "WordPress")
上記のコメントモデレーションテキストボックスと違って、ここに登録した語句を一つでも含むコメントは「スパム」とみなされ、警告なく削除されます。本物のコメントであっても一致すれば削除されてしまうので、最終手段としてお使いください。

アバター

アバター(avatar)とは、自分の分身として表示させるアイコンのような画像です。アバター機能を有効にしているサイトにコメントすると、名前のそばにアバターが表示され、一目で誰からのコメントか分かります。

ここでは、あなたのブログにコメントした人のアバター表示を有効にできます。初期設定では、コメントの脇に表示させる画像として gravatar を用います。これはプラグインで変更できます。

アバターの表示 
(Avatar display)
  • アバターを表示しない(Don’t show Avatars) - コメント欄のアバター表示を隠すにはこちらのラジオボタンを選択します。
  • アバターを表示する(Don’t show Avatars) - コメントともにコメント投稿者のアバターを表示するにはこちらを選択します。
評価による制限 
(Maximum Rating)
アバター画像はコメント投稿者がそれぞれに用意していますが、中にはあなたや読者にとって際どい画像があるかもしれません。gravatar ではアバター画像毎に rating(格付け)を登録してあります[1]
ここでは、あなたのブログに表示を許可する gravatar のレベル/格付けの上限を制御(制限)できます。例えば PG を選ぶと G~PG レベルまでの画像のみを表示、R を選ぶと G~R レベルの画像を表示します。
  • G — あらゆる読者に適切
  • PG — 不快感を与えるおそれあり、たいてい13歳以上向け
  • R — 17歳以上の成人向け
  • XR よりもさらに成人向け
デフォルトアバター 
(Default Avatar)
自分用のアバターを持っていない人やメールアドレスの入力がない人[2]向けに、一般的なロゴ画像か、電子メールアドレスに基づいて生成した画像を表示できます。
  • 謎の人物
  • 空白
  • Gravatar ロゴ
  • Identicon (自動生成)
  • Wavatar (自動生成)
  • MonsterID (自動生成)

変更を保存

変更を保存 ボタンをクリックすると、この画面で行なった設定変更がデータベースに保存されます。ボタンをクリックするとすぐに、設定を保存した旨の確認メッセージがページの上部に表示されます。

もしスパムの設定やコメントの制御が少し強すぎるなと感じた場合は、設定を少し変えた方が良いかもしれません。その時にはまたこのページで設定を行い、更新ボタンを押して設定を更新してください。


管理画面に戻る。

変更履歴

  • 2.7 : スレッド式コメント、コメント表示順が設定できるようになりました。
  • 2.x : アバターの設定ができるようになりました。

最新英語版: WordPress Codex » Settings Discussion SubPanel最新版との差分

脚注

  1. gravatar での画像登録時の説明は次のとおり。
    • A G rated gravatar is suitable for display on all websites with any audience type.
    • PG rated gravatars may contain rude gestures, provocatively dressed individuals, the lesser swear words, or mild violence.
    • R rated gravatars may contain such things as harsh profanity, intense violence, nudity, or hard drug use.
    • X rated gravatars may contain hardcore sexual imagery or extremely disturbing violence.
  2. gravatar はメールアドレスで識別されます。

警告: 既定のソートキー「かんりはねるせつていていすかつしよんせつてい」が、その前に書かれている既定のソートキー「かんりかめん」を上書きしています。