• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

WordPress フィード配信

提供: WordPress Codex 日本語版
WordPress Feedsから転送)
移動先: 案内検索

フィードとは

フィードは、フィードリーダーがサイトにアクセスし、新規コンテンツを自動的に探し出し、その情報を別のサイトに投稿し更新できるようにする特別なソフトウェア機能です。この機能により、ユーザーは異なるブログに投稿された最新のホットな情報を得ることができます。

フィードには何種類かあり、異なるフィードリーダーによって読み込みされます。フィードには、RSS ("Rich Site Summary" あるいは "Really Simple Syndication" とも定義される)、Atom および RDF ファイルがあります。

WordPress の標準フィード

WordPress は初期状態でいろいろなフィードを生成可能です。 各フィードは、テンプレートタグ bloginfo() で生成され、ほとんどの WordPress テーマで、サイドバーとフッターのいずれかまたは両方にリスト表示されます。例えば、以下のようになります。

RDF/RSS 1.0 フィード の URL 
<?php bloginfo('rdf_url'); ?>
RSS 0.92 フィード の URL 
<?php bloginfo('rss_url'); ?>
RSS 2.0 フィード の URL 
<?php bloginfo('rss2_url'); ?>
Atom フィード の URL 
<?php bloginfo('atom_url'); ?>
コメント RSS 2.0 フィードの URL 
<?php bloginfo('comments_rss2_url'); ?>

上の4つのフィードは、それぞれのフィードリーダー向けに、あなたのサイトのコンテンツの更新情報を表示します。これらの中では RSS フィードが最も有名です。一番下のフィードは RSS 2.0 フィードリーダー向けですが、サイトのコンテンツを表示するわけではありません。このフィードは、サイトに付けられたコメントのみを表示します。

特定の記事に対するコメントを追跡するには、下の例のように、個別記事ページで post_comments_feed_link() を使用します。

<?php post_comments_feed_link('RSS 2.0'); ?>

フィードを編集する方法はいくつかあります。フィードのカスタマイズ/enを参照してください。

フィード URL を見つける

自分のサイトのフィードアドレスあるいは URL を誰かに知らせたいこともあるでしょう。あるいは、検索エンジンやディレクトリ(これらの多くはフィード URL 送信を受け付けています)に送信したいこともあるでしょう。それぞれのフィードに、4 種類の URL が用意されており、どれも利用可能です。


http://example.com/?feed=rss
http://example.com/?feed=rss2
http://example.com/?feed=rdf
http://example.com/?feed=atom

カスタム パーマリンク を使用しているならば、以下の方法でアクセスできるはずです。

http://example.com/feed/
http://example.com/feed/rss/
http://example.com/feed/rss2/
http://example.com/feed/rdf/
http://example.com/feed/atom/

コメント

サイト上のすべてのコメントにはフィードがあり、すべての投稿にはコメントフィードがあります。

サイトコメントフィード

パーマリンク形式:

http://example.com/comments/feed/

デフォルト形式:

http://example.com/?feed=comments-rss2

Post-specific コメントフィード

パーマリンク形式:

http://example.com/post-name/feed/

デフォルト形式:

http://example.com/?feed=rss2

カテゴリーとタグ

以下のようにリンクの末尾に付加することで、サイト上の特定のカテゴリーまたはタグだけでフィードを提供できます。

http://www.example.com/?cat=42&feed=rss2

または

http://www.example.com/?tag=tagname&feed=rss2

または

http://www.example.com/category/categoryname/feed

または

http://www.example.com/tag/tagname/feed

フィードには、複数のカテゴリーやタグのどれかと関連する投稿を含めることができます。カテゴリーやタグは値をコンマで区切ります。 例:

http://www.example.com/?cat=42,43&feed=rss2

または

http://www.example.com/?tag=tag1,tag2&feed=rss2

または

http://www.example.com/category/cat1,cat2/feed

フィードに、複数のカテゴリーやタグのすべてと関連する投稿を含めるにはリンクの最後に追加します。 例:

http://www.example.com/category/cat1/category/cat2/feed

または

http://www.example.com/tag/tag1/tag/tag2/feed

フィードからあるカテゴリーを「除外」するには以下の URL を使用してください。

http://www.example.com/?cat=-123&feed=rss2

古いバージョンの WordPress では以下の形式を使用していましたが、新しいバージョンで非推奨となりました。

http://example.com/wp-rss2.php?cat=42

投稿者

すべての投稿者には自分の投稿に対するフィードがあります。形式は以下:

http://example.com/author/authorname/feed/

検索

検索結果にもまたフィードがあります。形式は以下:

http://example.com/?s=searchterm&feed=rss2


フィードの追加

WordPress で利用可能なすべての RSS フィード形式が、どの WordPress テーマでも表示されるとは限りません。フィードを追加するには、利用しているテーマのテンプレートファイルで、他のフィードの場所、典型的には sidebar.php あるいは footer.php、を探してください。以下の例のように、上述のタグを追加してください。

<ul class="feeds">
    <li><a href="<?php bloginfo('rss2_url'); ?>" title="<?php _e('Syndicate this site using RSS'); ?>"><?php _e('<abbr title="Really Simple Syndication">RSS</abbr>'); ?></a></li>
    <li><a href="<?php bloginfo('atom_url'); ?>" title="<?php _e('Syndicate this site using Atom'); ?>"><?php _e('Atom'); ?></a></li>
    <li><a href="<?php bloginfo('comments_rss2_url'); ?>" title="<?php _e('The latest comments to all posts in RSS'); ?>"><?php _e('Comments <abbr title="Really Simple Syndication">RSS</abbr>'); ?></a></li>
</ul>


フィードリンクに画像を追加

フィードリンクには、文字列ではなくフィードを表す画像を用いたい人も多いでしょう。standards には画像や"ボタン"がたくさんあります。また make your own で自分のサイトのカラーに適したものを作ることができます。 rssfeed.gif

フィードリンクを画像にするには、下の例のように画像をリンクタグで括るだけです。

<a href="<?php bloginfo('rss2_url'); ?>" title="<?php _e('Syndicate this site using RSS'); ?>"><img src="http://www.mozilla.org/images/feed-icon-14x14.png" alt="RSS Feed" title="RSS Feed" /></a>

アドレスの変更

別のブログソフトウェアから WordPress へ移行する場合や、別のアドレスへ移動する場合、.htaccess のファイル書き換えおよびリダイレクトを用いて新しい RSS フィードへ RSS リーダーを転送することができます。

ルートディレクトリの .htaccess ファイルを編集します。ファイルが存在しない場合は作成します。

b2 フィードの例です。

RewriteRule ^b2rss2.php(.*)? /wordpress/?feed=rss2 [QSA]

MovableType ユーザーの例です。

RewriteRule ^index.xml(.*)? /wordpress/?feed=rss2 [QSA]

Feed Director では、index.xml, index.rdf, rss.xml, rss2.xml, atom.xml, *.xml のような他のブログプラットフォームで使用されるフィードファイル名を書き換える "install it and forget it" プラグインを配布しています。

RSS フィードの時刻と日付の形式

WordPress は RSS Specification に準拠します。したがって、時刻と日付の形式についてもサイトで設定されたブログの時刻や日付ではなく、RFC822 Specification の時刻と日付の形式を使用します。例: Sun, 06 Sep 2009 16:10:34 +0000

注意: フィードの時刻や日付の形式はローカライズしないでください。現行の RSS SpecificationRFC822 Specification を参照し、RFC822 Specification はデフォルトして英語を規定しています。すなわちロケールに応じた時刻や日付の変換は RSS クライアント側に責任があると解釈できます。

ブラウザでのフィードのエラー

フィードは NewsBlurRSSOwl などのフィードリーダーによって解釈されることを想定したデータストリームです。すべてのブラウザにフィードを解釈する機能があるわけではなく、その機能を欠いた代表的なブラウザの例が Google Chrome です。

Chorme や他の同様のブラウザでは、エラー「This XML file does not appear to have any style information associated with it. The document tree is shown below. (この XML ファイルには関連付けられたスタイル情報がありません。以下にドキュメントのツリーを表示します。)」及び、それに続く生のフィードデータが表示されます。Chrome は元々フィードを理解できないためこれは正しい動作になります。代替としては専用のフィードリーダーでフィードを受け取るか、Google's RSS Subscription Extension をインストールしてください。

さらなる情報と資料

配信フィードのカスタマイズ:

購読してもらいやすくする:

  • Subscribe Me - サイドバーに各種購読ボタンを簡単に追加する
  • Add to any Subscribe Button - 訪問者のあらゆるフィードリーダーにあなたのサイトのフィードを追加しやすくするプラグイン

フィード関連のプラグインを探す:

最新英語版: WordPress Codex » WordPress Feeds最新版との差分