当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/get the date

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2015年5月12日 (火) 15:37時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (関連項目: Category:wp3.0)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

get_the_date テンプレートタグは、現在の投稿(または指定された投稿)が書かれた日付を取得します。the_date() とは異なり、このタグは常に日付を返します。'get_the_date'/en フィルターで出力を変更します。

使い方

<?php $pfx_date = get_the_date( $format, $post_id ); ?>

パラメータ

$format
文字列) (オプション日付の書式
初期値: date_format オプション の設定値(設定 » 一般 » 日付フォーマット)
$post
整数) (オプション) 日付を取得したい投稿の ID。省略すると現在の投稿から取得される。
初期値: null(現在の投稿)

戻り値

(文字列) フォーマットされた日付の文字列

フィルター

  • apply_filters を使って 'get_the_date' を呼び出します。パラメータは、返される文字列と $format です。

更新履歴

用例

デフォルトの使い方

<span class="entry-date"><?php echo get_the_date(); ?></span>

ソースファイル

get_the_date()wp-includes/general-template.php にあります。


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get_the_date最新版との差分